logo

写真や絵から人物が飛び出して動く3Dアニメ生成技術--ワシントン大学とFacebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン大学とFacebookの研究チームは、写真などを解析し、写っている人物像を背景から分離して3Dアニメーション化する技術を開発した。

絵の人物像が動き出す(出典:ワシントン大学)
絵の人物像が動き出す(出典:ワシントン大学)

 この技術では、人物が平面的に写っていたり描かれたりしている写真や絵を入力すると、その人物を3Dキャラクター化して、アニメーションとして動かせる。動かす際に、写真内の背景や、外部の背景を隠す描画処理も実行できるので、写真から人物が飛び出して来るような視覚効果も実現可能だ。

背景と人物を分離して3Dアニメ化(出典:ワシントン大学)
背景と人物を分離して3Dアニメ化(出典:ワシントン大学)
絵や写真から人が飛び出す(出典:ワシントン大学)
絵や写真から人が飛び出す(出典:ワシントン大学)

 背景から分離する人物像は写真やリアルな絵だけでなく、アニメのキャラクターでも処理可能。歩いたり走ったりする動作のほか、座る、飛び上がるといった動きもアニメーション化できる。

アニメのキャラクターも処理可能(出典:ワシントン大学)
アニメのキャラクターも処理可能(出典:ワシントン大学)

 さらに、「HoloLens」のような拡張現実(AR)ヘッドセットと連携させて3Dアニメーションを動かすことで、3D化キャラクターが実在するように感じさせられるという。

ARコンテンツも作れる(出典:ワシントン大学)
ARコンテンツも作れる(出典:ワシントン大学)

研究の紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]