logo

ベネッセ、保育園向け支援システムの「コドモン」と資本提携

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年02月28日 12時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベネッセホールディングスは2月27日、保育園向けの業務支援システムを提供するコドモンと資本提携を締結したと発表した。ベネッセホールディングスの子会社であるベネッセコーポレーションは、2018年12月にコドモンと保育所領域における業務提携契約を締結しており、今回、さらなる関係強化のため資本提携を締結したという。

保育業務支援システム「CoDMON(コドモン)」
保育業務支援システム「CoDMON(コドモン)」

 コドモンが展開する保育業務支援システム「CoDMON(コドモン)」は、園長や保育士の日々の業務負担軽減を目的とした保育業務支援システム。ICT化によって指導案や日誌の作成、園児ごとの登降園管理や保育料計算、請求管理、さらには保護者連絡まで、一貫してサポートしていることが特徴だ。

 今回の資本提携により、ベネッセコーポレーションは2019年度から保育業務支援システムCoDMONと連携する保育所と保護者支援サービスを開始する。具体的には、CoDMON上で、新しい保育所保育指針で求められる教育的視点を盛り込んだ教務支援サービスを強化する予定。また、園や保護者向けに、子どもの発達段階に応じた子育て情報の提供も予定しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]