logo

BMWとダイムラーがモビリティ事業を統合、約1250億円超を投資へ

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月25日 14時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWとDaimlerは、UberやLyftなどの業界の有力企業を共通の脅威として明確に認識しようという狙いから、モビリティベンチャーを統合する可能性があると憶測されてきた。今回ようやく、今後に関するより詳細な情報が明らかになった。

 BMWとDaimlerは現地時間2月22日、両社のモビリティサービスを統合する計画について明らかにした。両社は10億ユーロ(約1250億円)以上を投資して、REACH NOW、CHARGE NOW、FREE NOW、PARK NOW、SHARE NOWという5つのジョイントベンチャーを設立する。

BMW
提供:BMW

 Daimler AGの会長であるDieter Zetsche氏は声明の中で、「われわれのモビリティサービスは強力な顧客ベースを築いてきた。今回、次の戦略的な一歩を踏み出すことになった。急成長中の都市モビリティ分野の新たなプレーヤーになるため、成功している14のブランドの強みと専門知識に共同で出資し、10億ユーロ以上を投資しようとしている」と述べた。これまでに6000万を超える顧客が両社のサービスを利用しており、しっかりとした顧客ベースを擁していると両社は述べている。

 REACH NOWはマルチモーダルな輸送にフォーカスする。公共交通機関や自転車のレンタル、カーシェアリング、配車など、さまざまな交通手段を予約して決済できるサービスを提供する。CHARGE NOWは、ユーザーが公共の充電ステーションを見つけるのを支援するほか、複数の国で充電ポイントを利用できるようにする。PARK NOWは、駐車場を見つけて予約するプロセスの改善を目指す。FREE NOWはプライベートの運転手や電動スクーターなど多様な配車サービスを提供する。SHARE NOWはスマートデバイスを通して、利用可能な自動車をレンタルし料金を決済できるカーシェアリングサービスだ。

 ジョイントベンチャーの拠点はベルリンに置かれる。両社は、これらのジョイントベンチャーが世界で約1000人の雇用を創出すると予想している。プログラムの初期段階では「投資と成長」に焦点が当てられ、その後「魅力的な収益性」をもたらすとBMWはプレスリリースで述べている。

 最終的に、BMWとDaimlerは、これらのサービス同士がより緊密な関係になることを期待している。BMWは、オンデマンドで、自動で駐車と充電を行うような「全電気式の自律走行」自動車のフリートが将来的にサービスに追加される可能性に言及した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]