logo

NetflixとプロダクションI.G、4K HDR手描きアニメ制作プロジェクトを開始

加納恵 (編集部)2019年02月14日 17時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは2月14日、世界初の4K HDR手描きアニメ制作プロジェクトを開始すると発表した。プロダクションI.Gと試験的に共同制作し、2019年秋の配信を目指す。

サンプル画像:試験的に共同制作中の4K HDR 手描きアニメ作品
サンプル画像:試験的に共同制作中の4K HDR 手描きアニメ作品

 4K HDR画質の手描きアニメ作品を制作は世界初。今後の4K HDRアニメ作品制作の本格化を見据え開始したもので、Netflixオリジナル作品として配信する予定だ。

 今回のプロジェクトでは、制作過程で得た技術的な知見を、今後4K HDRアニメ作品の制作に挑戦するクリエーターに有効活用するための糸口の模索が目的。プロジェクトの統括責任者であるNetflix クリエイティブテクノロジーエンジニアの宮川遙氏は「世界中の多くのアニメファンの皆さまに、4K HDRのアニメ作品をお届けできるのを今から楽しみにしている」とコメント。プロダクションI.Gの齋藤瑛氏も「表現者として、より美しい映像を制作する機会を常に探っているが、機材などのハードルもあり、4KやHDRは業界的にも未開拓な分野。今後もこのような取り組みを通じて、高いクオリティの映像を求め、努力を惜しまず進みたい」と話している。

 プロダクションI.GとNetflixは、2018年1月にアニメ作品に関する包括的業務提携契約を締結。同年3月から「B: The Beginning」をNetflixオリジナル作品として全世界190カ国で配信している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]