logo

カナダの仮想通貨取引所、パスワード所有者が死亡--約209億円が引き出せない事態に

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年02月06日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CoinDeskによると、仮想通貨取引所QuadrigaCXの創設者が同社の記録を保管していたノートPCのパスワードを誰にも共有せずに死亡したことで、投資家らは2億5000万カナダドル(約209億円)相当の資産を引き出せなくなったという。

提供:Thierry Chesnot / Getty Images
提供:Thierry Chesnot / Getty Images

 QuadrigaCXは1月にFacebookへの投稿で、同社の共同創設者で最高経営責任者(CEO)のGerald Cotten氏が、クローン病の合併症で2018年12月に亡くなったことを明らかにした。QuadrigaCXは現地時間1月31日、カナダのノバスコシア州最高裁判所に破産保護を申請した。QuadrigaCXのウェブサイトのキャッシュによると、同社は仮想通貨ビットコインの「売買プロセスを簡素化」することを目指していたという。

 CoinDeskが公開した文書の写しによると、Cotten氏の妻であるJennifer Robertson氏は先ごろ提出した宣誓供述書の中で、QuadrigaCXが顧客から約2億5000万カナダドルの仮想通貨と現金を託されていることを明らかにした。Robertson氏は文書の中で、Cotten氏は「資金やコインを取り扱う責任を単独で」担っていたと述べた。

 Robertson氏はQuadrigaCXと関連会社の業務記録を保有しておらず、Cotten氏の暗号化されたノートPCのパスワードも回復キーも知らないと述べている。QuadrigaCXは同社のウェブサイト上で、数週間前から仮想通貨の準備金の場所を特定して確保するため取り組んでいるが、成果は出ていないと述べた。

Affidavit of Jennifer Rober... by on Scribd

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]