logo

LINEと任天堂、ゲームアプリ事業で協業--共同で「Dr. Mario World」制作へ

山川晶之 (編集部)2019年02月01日 09時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEと任天堂は2月1日、ゲームアプリ事業における協業について合意したと発表した。

 LINEが持つ約7800万のユーザー基盤とリアルソーシャルグラフ、任天堂が長年築いてきたブランドと知見・ノウハウの強みを生かし、共同で「Dr. Mario」をベースにしたアクションパズルゲーム「Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)」を開発、運営することに合意したという。

 同ゲームは、任天堂を配信元として、日本やアメリカを始めとしたグローバル市場に向けて、2019年初夏の配信を目指す。任天堂では、2016年よりゲームアプリ事業を開始。ビデオゲーム事業以上の幅広い国と地域に、任天堂IPの提供を進めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]