logo

ハチの背中にセンサを搭載、スマート農業用ドローンとして利用--ワシントン大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン大学の研究チームは、生きたハチの背中に装着できるセンサを使い、気温や湿度などのデータ収集に利用できるシステムを開発した。農場でハチを放して使えば、短い飛行時間というドローンの制約を受けずにスマート農業が実現できるという。

ハチを生きた農業用IoTセンサにする(出典:ワシントン大学)
ハチを生きた農業用IoTセンサにする(出典:ワシントン大学)

 センサは、ハチの一種であるマルハナバチの背中に取り付けられるほど小さく、重さは102mgと軽い。ハチの動きは妨げられず、装着されても通常通り飛べる。ドローンと違って飛行で電力を消費しないため、極めて小さなバッテリだけで最大7時間の連続データ収集が可能だそうだ。

小さく軽く、ハチの動きを妨げない(出典:ワシントン大学)
小さく軽く、ハチの動きを妨げない(出典:ワシントン大学)

 位置情報の取得方法は、電力消費が大きすぎるためGPSを採用していない。計測対象エリアに複数のアンテナを設け、それらからの電波で位置を特定する独自技術を利用した。こうして、位置情報とひも付けたデータを収集する。

 集めたデータは、夜間などハチが巣に戻った際に無線通信で取得。このとき、同時にバッテリへのワイヤレス充電も実行する。

開発したシステムの紹介ビデオ(出典:ワシントン大学/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]