logo

ケンウッド、フロントガラスの映り込みを低減--新デザインのドライブレコーダー

加納恵 (編集部)2019年01月09日 13時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは1月9日、ケンウッドブランドから、ドライブレコーダー「DRV-340/240」(想定税別価格:1万4800円前後/1万2800円前後)を発表した。フルハイビジョン録画、最長24時間の「駐車監視録画」機能などを備えたコンパクトモデルになる。発売は2月上旬。

「DRV-340/240」
「DRV-340/240」

 いずれも1920×1080ピクセルのフルHD撮影に対応し、走行時の映像を、細部まで、鮮明に記録することが可能。「HDR機能」を備え、逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が激しい環境でも、「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、明瞭に記録する。

 駐車中の衝撃や動体を検知すると自動で録画、保存を開始する「駐車監視録画機能」により、別売の車載電源ケーブル「CA-DR150」を使用すれば、最長24時間の長時間駐車監視録画を実現。本体と取り付けブラケットの形状を見直した新デザインにより、フロントガラスとレンズの距離が短くし、ダッシュボードなどの映りこみが少ない鮮明な録画ができるとしている。

 常時、手動、イベント、駐車監視の4つの録画モードを用意し、LED信号機の無点灯記録防止に対応。DRV-340のみ、GPSによる自車位置記録を可能とし、PC用連携ビューアーソフトで走行記録を確認できる。

 両機種ともにサイズは高さ51mm×幅62mm×奥行き37mmで、重量約64(DRV-240は57)g。16GBのmicroSDHCカードを同梱する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]