logo

ノートPC「dynabook」30周年記念モデル、CESのシャープブースに参考出品

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2018年12月26日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝クライアントソリューション(TCS)は12月26日、2019年1月8日から11日まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催される世界最大級の家電見本市「CES 2019」において、30周年記念モデルの「ノートPC dynabook」をSHARPブース内に参考出品すると発表した。

 同モデルは、日本国内の発表に先駆けて参考出品されるもので、Dynabook(2019年1月1日より社名を変更)としては、「ノートPC dynabook」の初披露となる。

 シャープは6月、東芝の100%子会社であるTCSの株式のうち80.1%を約40億円で取得すると発表。TCSを子会社化し、10月より鴻海グループとして新体制で発足している。また、シャープ自身も4年ぶりのCES出展となる。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]