logo

カメラ性能で選ぶ2018年のスマホ--作例で見る写真家・三井公一のベスト3 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボケをコントロール可能に--Apple iPhone XSシリーズ

 日本で絶大な人気を誇るiPhone。2018年のモデルでようやくボケをコントロールできるように進化。デュアルカメラのスペックは35mm判換算で26mm相当F1.8、望遠側のカメラは52mm相当F2.4となった。絵作りは「スマートHDR」で前モデルから大きく変化し、撮って出しでもいわゆるインスタ映えするリッチな味付けに。

ようやくボケのコントロールが可能になったiPhone。最近のアップデートによって撮影時にも確認できるようになったのはうれしい
ようやくボケのコントロールが可能になったiPhone。最近のアップデートによって撮影時にも確認できるようになったのはうれしい
今まではいわゆる写真的な落ち着きのある写りだったが、Androidのようなシャープさとコントラスト、色合いのメリハリが強くなった印象を受ける
今まではいわゆる写真的な落ち着きのある写りだったが、Androidのようなシャープさとコントラスト、色合いのメリハリが強くなった印象を受ける
「スマートHDR」は見た目以上にその場の雰囲気を誇張してくれる。大げさな絵作りが気になって、前モデルのiPhone Xに戻してしまった
「スマートHDR」は見た目以上にその場の雰囲気を誇張してくれる。大げさな絵作りが気になって、前モデルのiPhone Xに戻してしまった

AIで美しいボケ味を実現--Google Pixel 3

 シングルカメラ搭載ながら「AI」によって美しいボケ味を実現した驚きのカメラ性能が魅力な1台。ボケだけでなく「超解像ズーム」や「夜景モード(Night Sight)」など、1回のシャッターで複数カットを撮影して、低ノイズ、高感度でクリーンな絵作りが特徴。機械学習のスゴさを見せつけてくれた端末だ。

色合い、ディテール等のバランスがとても良く、「AI」をうまく活用していると感じる絵作りである
色合い、ディテール等のバランスがとても良く、「AI」をうまく活用していると感じる絵作りである
「記憶」と「記録」の境界線というものが存在するのならば、Pixel 3はそのバランスをうまく保った描写をしてくれる
「記憶」と「記録」の境界線というものが存在するのならば、Pixel 3はそのバランスをうまく保った描写をしてくれる
特に夜景モードは素晴らしい。想像と現実のすき間をうまく突いてくる仕上がりを見せてくれる。写りを体感してちょっと欲しくなった1台だ
特に夜景モードは素晴らしい。想像と現実のすき間をうまく突いてくる仕上がりを見せてくれる。写りを体感してちょっと欲しくなった1台だ

2018年のスマホトレンドは「AIによる画質向上」

 2018年のスマートフォンのトレンドを振り返ると、「多カメラ搭載」というハードウェアによる「画角」という表現手段の拡張から、「AI」による「画質向上」へとよりシフトが進んだ印象がある。

 AI自体はシーン認識などで以前から活用されていたが、発色やコントラストなどだけでなく、距離情報や撮影タイミングまで加味して、より多くの人が心地よいと感じられる写真を手軽に撮影できるようになった。

 2019年はこの流れが加速して、両者の組み合わせによって新たな写真表現を可能にするスマートフォンが登場してきそうな予感がする。

 多カメラの筆頭「Light L16」のように、より高画素、超解像ズーム、ハイダイナミックレンジ化したものに、パスト撮影した写真をAIで解析しアウトプットする、などと人間の知覚や判断を超えた写真を提供してくれるようになるかもしれない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]