logo

東京メトロ公式アプリ、トイレ空室状況に対応--まずは上野と溜池山王から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京地下鉄(東京メトロ)は12月20日、東京メトロ公式アプリ内で、東京メトロ線内の駅のトイレの空室状況を確認できる「トイレ空室状況提供サービス」を開始すると発表した。

 まずは、上野駅(銀座線エリア/日比谷線エリア)および、溜池山王駅(銀座線エリア/南北線エリア)の2駅でサービスを開始し、対象駅の拡大を順次進めるという。

 なお、同社では、2017年12月1日から2018年2月28日まで、東京メトロ公式アプリ内でトイレ空室状況提供サービスの実証実験を実施していた。

キャプション
キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]