logo

「けもフレ2」と東武動物公園がコラボ--ARや位置情報で“体験“をアップデート

佐藤和也 (編集部)2018年12月20日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 キャスト陣も体験会に姿を見せた。左から本宮佳奈さん(フェネック役)、小野早稀さん(アライグマ役)、根本流風さん(コウテイペンギン役)、田村響華さん(ジェンツーペンギン役)
Scroll Right Scroll Left

 キャスト陣も体験会に姿を見せた。左から本宮佳奈さん(フェネック役)、小野早稀さん(アライグマ役)、根本流風さん(コウテイペンギン役)、田村響華さん(ジェンツーペンギン役)

 埼玉県にある東武動物公園において、アニメ「けものフレンズ2」とのコラボ企画として、ARや位置情報技術を活用した周遊体験型デジタルゲームアトラクション「けものフレンズ2 東武ジャパリパーク」が12月21日から開催される。それに先立ち、12月19日に関係者向け体験会が開かれた。

 「けものフレンズ」は、超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、神秘の物質「サンドスター」の影響で動物からヒトの姿へと変身したフレンズたちが大冒険を繰り広げる物語。けものフレンズ2はアニメシリーズ最新作で、2019年1月7日26時5分からテレビ東京ほかで放送予定となっている。

 けものフレンズ2 東武ジャパリパークは、参加者が「ジャパリパッド」と呼ばれる専用タブレット端末を手に、動物園を周遊。実際にいる動物たちと、けものフレンズに登場するフレンズたちをシンクロさせながら、スタンプラリーや宝探し、謎解きといったゲーム要素を複合的に楽しめるもの。

 参加者はタブレット上のマップを見ながら、動物園を周遊してゲームを進行。指令に従ってゲームを進めていくと、さまざまなフレンズに会うことができるという。なお、ジャパリパッドには位置情報技術やAR技術を駆使したアプリを実装。園内にはBeaconが設置されており、特定の場所に行くと反応するようになっている。またゴールドスキャン機能(カメラ機能)を使い、園内にちりばめられている「ジャパリゴールド」を探す楽しみもあるという。集めたジャパリゴールドの数によって、オリジナルアイテムと交換できる。

 主催者であるけものフレンズ2 東武ジャパリパーク実行委員会では、「動物園はもともと素晴らしい場所。そこからもう少し深く味わえたり、動物の気持ちを知ったり考えるというような、体験のアップデートを目的として開発した」と説明。また体験にあたっては「いろいろな謎が見つかるかもしれない。園内をくまなく探すなどして、楽しんでいただきたい」と付け加えた。

 なお当日は、けものフレンズのキャストである声優の本宮佳奈さん、小野早稀さん、田村響華さん、根本流風さんが来場し、実際に体験した。

 開催期間は12月21日~2019年5月31日まで。なお、12月21日~1月6日は毎日開催。1月7日~2月末までは土日祝日のみ開催で、平日は休業。3月以降の開催日は後日発表としている。チケットは1人で参加するソロチケットが2500円、2人で参加するペアチケットが3200円(1人あたり1600円)、3人で参加するトリオチケットが3600円(同1200円)。ジャパリパッドグループで1台の貸し出しとなる。また、これとは別に、東武動物公園への入園料が必要としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]