logo

アパマン、賃貸住宅をスマートルーム化--「Amazon Echo Spot」導入で専用スキル開発

加納恵 (編集部)2018年11月27日 14時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apaman Networkが、賃貸住宅のスマートルーム化を始める。11日27日、アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」とリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」を常設した「AI Smart Room」を発表。音声を使って家電を操作したり、賃貸住宅に有益な情報を届けたりする、スマートルームを提供する。

スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」(中央)とリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」(右)
スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」(中央)とリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」(右)

 12月1日から「AIスマートルームキャンペーン」として、アパマンショップ全店舗でプロモーションを開始。アパマングループやフランチャイズ加盟企業が持つ管理物件への導入を推進する。

 AIスマートルームキャンペーンは「賃貸住宅に住んでいる多くの人に、AIを生活に取り入れ、上手に体験してほしい」(Apaman Network CMOの大滝里美氏)という思いからスタートしたもの。

 Amazon Echo SpotとeRemote miniを連携し、声による家電の操作を実現。家電は赤外線リモコンに対応しているものであれば連携できる。独自のAlexaスキル「APAMAN(仮名)」の提供も予定しており、地域の情報や引越し先での手続きの仕方といった情報を提供していく計画。2019年3月までに第1弾を提供し、その継続的にアップデートしていく。スキルの開発は、ITシステムベンダーであるインフォネットが担当する。

スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」とリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」を常設した「AI Smart Room」
スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」とリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」を常設した「AI Smart Room」
Alexaスキル「APAMAN(仮名)」の提供予定
Alexaスキル「APAMAN(仮名)」の提供予定

 AI Smart Roomは「入居者にはスマートスピーカーとリモコンによる便利な生活を提供し、オーナーには、近隣にある同様物件と差別化を図るほか、入居者の満足度向上による空き室対策に結びつけ、双方にメリットを提供できる」(大滝氏)ことが狙い。Amazon Echo Spotは、ディスプレイを通して文字や画像など多くの情報を提供できるため「ディスプレイ付きのスマートスピーカーが最適と考えた」(大滝氏)と選択理由を話す。

 アマゾンジャパン アレクサビジネス本部兼モバイルビジネスデベロップメント GM/本部長の柳田晃嗣氏は「賃貸ビジネスを長く手がけるApaman Networkは、入居者のことをよく知っている。賃貸住宅向けにどんなスキルが出てくるか期待している」とコメント。新たなAlexaスキルの登場に期待を寄せた。

 APAMANのAlexaスキルは、賃貸住宅入居者向けとして広く公開していく予定。機器の導入によりAI Smart Room化できるため、築年数などに左右されず導入を進めていくとのこと。導入目標件数については明らかにしなかった。

左から、インフォネット 代表取締役社長の岸本誠氏、Apaman Network CMOの大滝里美氏、アマゾンジャパン アレクサビジネス本部兼モバイルビジネスデベロップメント GM/本部長の柳田晃嗣氏
左から、インフォネット 代表取締役社長の岸本誠氏、Apaman Network CMOの大滝里美氏、アマゾンジャパン アレクサビジネス本部兼モバイルビジネスデベロップメント GM/本部長の柳田晃嗣氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]