logo

アマゾン、Wake-on-LANコマンド送信に対応--声だけでテレビの電源オンが可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、「Amazon Echo」などのスマートスピーカに指示して各種デバイスの電源を入れられるようにするため、音声アシスタント「Alexa」にWake-on-LAN(WoL)命令の送信機能「Wake-on-LAN Controller」を追加した。

AlexaがWake-on-LANコマンド送信に対応(出典:Amazon.com)
AlexaがWake-on-LANコマンド送信に対応(出典:Amazon.com)

 「Alexa Smart Home API」に対応したテレビやオーディオ機器などのスマートデバイスは、Alexaによる音声操作が可能だ。しかし、これらデバイスは省電力モードに入ると、Alexaからコマンドを受け付けず使えなくなってしまう。

 これが、Wake-on-LAN Controllerにも対応したデバイスであれば、省電力モード中もWoL命令に反応して電源が入り、操作可能な状態に戻れる。たとえば、Amazon Echoに対する「アレクサ、テレビをつけて」という呼びかけで電源が入れられる。

 AlexaのWoL機能は標準的なプロトコルを採用。スマートデバイス側のハードウェア変更は不要で、Alexa用スキルに「WakeOnLANController」「PowerController」といったインターフェイスを追加するなど、ソフトウェア的なWake-on-LAN Controller対応をするだけ。

 すでにVIZIO、LG Electronics、Hisenseが対応しており、数カ月後に同機能の提供を開始するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]