logo

ポケモンGOのNiantic、「ハリー・ポッター」の新作ゲームを2019年に公開へ

藤井涼 (編集部)2018年11月15日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 位置情報ゲーム「Ingress」や「Pokemon GO」を運営するNianticは11月14日、新作ゲーム「ハリー・ポッター: 魔法同盟」を2019年に公開することを発表。同日より事前受付けを開始した。同社は約1年前の2017年11月に同作を発表していたが、それ以降は大きなアナウンスはなかった。

Niantic アジア統括本部長/エグゼクティブプロデューサーの川島優志氏
新作ゲーム「ハリー・ポッター: 魔法同盟」を紹介するNiantic アジア統括本部長/エグゼクティブプロデューサーの川島優志氏

 同作は、ハリー・ポッターの生みの親であるJ.K.ローリング氏の魔法の世界を体験できるゲームになるという。呪文を学び、街を探索しながら伝説のビーストたちと戦い、強力な敵に仲間たちと立ち向かう内容になるようだ。ワーナーの開発チームとともに開発している。

 公式サイトでは、「魔法の形跡が突如としてマグルの世界に現れはじめています。このままでは、無関心なマグルでさえこの事態に気付く恐れがあります。この大災厄を阻止するために、魔法使いの皆さんの協力が必要です。阻止できなければ、『例のあの人』以来の苦難の時代が訪れるかもしれません。呪文に磨きをかけ、杖を準備し、今すぐ登録してください」と説明している。

 スタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」で11月15日に登壇した、Niantic アジア統括本部長/エグゼクティブプロデューサーの川島優志氏は、キーノートセッションの最後に同作を紹介。新たなタイトルロゴを披露しながら、「ARの未来を感じていただけたらと思う」と語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]