logo

アリババ「独身の日」セール、3.5兆円で記録更新

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年11月12日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阿里巴巴集団(アリババグループ)による中国のオンラインショッピングイベント「独身の日」が、取引額の記録をさらに塗り替えた。

 アリババは現地時間11月11日、毎年恒例の24時間に及ぶ同イベントの取引額が2135億元(約3兆5000億円)に達し、2017年に記録した1683億元(当時のレートで約2兆8800億円)を上回ったと述べた。これまでの集計で取引額の上位を占めたのは、小米科技(シャオミ)、Apple、Dysonの製品だという。

「独身の日」セールの開始後、画面に映し出される流通総額
「独身の日」セールの開始後、画面に映し出される流通総額
提供:Str / AFP/Getty Images

 日付に数字の1が並ぶことから中国では「独身の日」とも呼ばれる11月11日に、毎年開催されるようになった「11.11 Global Shopping Festival」は、おそらく世界最大のオンラインショッピングの祭典だろう。このアジア版ブラックフライデーは、現在アリババの最高経営責任者(CEO)を務めるDaniel Zhang氏が2009年、アリババのショッピングプラットフォーム「天猫国際(Tmall Global)」に買い物客を集めるために開始したものだ。

 「独身の日」は、ブラックフライデーやサイバーマンデーなど世界の同種のイベントをはるかに凌いでいる。2017年のブラックフライデーにおけるオンライン売上高は、50億3000万ドル(約5700億円)だった。

 18万を超える中国および世界のブランドが、10回目を迎えた「独身の日」に参加した。イベントでは、シルク・ドゥ・ソレイユやマライア・キャリーさんらによるパフォーマンスもテレビ中継された。

 「独身の日」は、中国のシングルたちが独身であることを大いに楽しむ、一種の「反バレンタインデー」として始まった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]