logo

and factory、IoT学生寮をプロデュース--騒音など共同生活の課題をIoTで解決

加納恵 (編集部)2018年11月08日 18時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 and factoryは11月8日、学生寮にIoT機能を実装したと発表した。住宅領域におけるIoT事業のテストケースになる。

 IoT機能を実装したのは、特定非営利活動法人NEWVERYが運営する学生寮「チェルシーハウス国分寺」。シェア型の男女共同学生寮で、20以上の異なる大学に通う学生54名が暮らしている。

学生寮にIoT機能を実装
学生寮にIoT機能を実装

 学生寮内には、基準値以上の騒音を検知するとスマートスピーカが「静かにしましょう」とアラートを鳴らす「騒音アラート機能」のほか、スマートスピーカとIoT照明を連携させることで音声によって調光ができる「IoT照明の音声操作」、天候情報データベースとIoT照明を連携させ、降水確率や紫外線量によって照明の色を変えて光らせる「天候情報の見える化」などを導入した。

 学生寮に住む学生たちに共同生活における困りごとやIoTへの期待をヒアリングし、課題の優先順位を精査した上で、IoT活用によるソリューションについて学生のアイディアを基にブラッシュアップし、機器の選定なども含めて実現可能な方法を企画。企画した内容を基に、プログラミング方法についてand factoryのエンジニアが随時アドバイスし、コードを書く作業は学生が担当しているという。

共用部で基準値以上の騒音を検知するとスマートスピーカがアラート
共用部で基準値以上の騒音を検知するとスマートスピーカがアラート
天候情報データベースとIoT照明を連携させ、降水確率や紫外線量によって照明の色を変えて光らせる
天候情報データベースとIoT照明を連携させ、降水確率や紫外線量によって照明の色を変えて光らせる

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]