logo

コワーキングスペース「WeWork」の国内展開が急加速--拠点拡大で価値を向上

佐藤和也 (編集部)2018年10月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コワーキングスペース「WeWork」(ウィーワーク)を展開するWeWork Japanは10月25日、東京都渋谷区神宮前にあるWeWork Icebergにて、記者説明会を実施。そのなかで、日本における拠点をさらに拡大していく計画を明らかにした。2018年の段階で4都市11拠点を構える予定。さらに2019年には、2018年の2倍のペースで拠点を開設する方針という。

都内の最新拠点でもあるWeWork Iceberg
都内の最新拠点でもあるWeWork Iceberg

 WeWorkは、6月時点で全世界23カ国77都市287カ所以上において、コワーキングスペースを展開。ソフトバンクが出資したことでも知られおり、日本でのサービス提供を目的とする合弁会社として、WeWork Japanを設立。2018年2月から国内初拠点をオープンし、10月までに都内で6拠点を開設している。

都内で2018年に開設する拠点
都内で2018年に開設する拠点

 2月以降、都内において1カ月に1拠点のペースで開設しており、国内メンバー数は9月時点で6000人以上。ここから年内には都内2カ所と横浜、大阪、福岡にて拠点を開設し、都内8拠点と3都市3拠点となる。さらに、2019年に入ってから早い段階で都内に3拠点を構えることが決まっている。

東京以外でも拠点を構えて、2018年は4都市11拠点に
東京以外でも拠点を構えて、2018年は4都市11拠点に
2019年に入って早々、池袋、四谷、神谷町に拠点を開設する
2019年に入って早々、池袋、四谷、神谷町に拠点を開設する

 WeWork Japanゼネラルマネジャーの高橋正巳氏(※「高」ははしごだか)は、「日本での事業展開はまだ1年に満たないが、多くのメンバーからはポジティブなフィードバックがある。新しいオープンイノベーションの循環が、少しずつできている」と手ごたえを語った。

WeWork Japan日本ゼネラルマネジャーの高橋正巳氏
WeWork Japan日本ゼネラルマネジャーの高橋正巳氏

 国内拠点の急速な拡大方針については、「我々の事業は、コミュニティが軸としてある。拠点が増え、メンバーが増えていくことによって、コミュニティの価値が高まっていく。ある程度規模の原理が働くもの。また、同じ都市のなかで複数の拠点を持つことで出てくる生産性の向上もあれば、各地にあることで出張でも活用できるなど使い勝手もよくなっていく。さまざまな価値が生み出せるので、これからも拠点を増やして成長していきたい」とした。

WeWork Japan 最高経営責任者のChris Hill(クリス・ヒル)氏
WeWork Japan 最高経営責任者のChris Hill(クリス・ヒル)氏

 WeWork Japanの最高経営責任者であるChris Hill(クリス・ヒル)氏も説明に加わり、拠点の拡大については「このペースの拠点開設は、日本だけではなくほかの地域でも行われていること。グローバルに幅広く拠点を設けることで、メンバーに対してまたとない機会を提供することができる。ビジネスの判断として、今は拠点を拡大していくことが重要」と語った。

WeWork Icebergの2階フロア。WeWorkのフロアは総じて、採光を考慮しているという
WeWork Icebergの2階フロア。WeWorkのフロアは総じて、採光を考慮しているという
WeWork Icebergの特徴と言えるのが、カフェの併設。このエリアはメンバーでなくても利用可能としている
WeWork Icebergの特徴と言えるのが、カフェの併設。このエリアはメンバーでなくても利用可能としている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]