logo

ソニー、MIPI入力ポートに複数接続できるセンシング向けCMOSイメージセンサ--HMDやドローンに

加納恵 (編集部)2018年10月22日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月22日、1つのMIPI入力ポートに対して複数接続ができるセンシング向けCMOSイメージセンサ「MX418」を商品化したと発表した。ヘッドマウントディスプレイ、ドローン、自律走行ロボットなど、複数のイメージセンサの搭載が想定される機器での採用を見込む。サンプル価格はチップが税別1500円、チップサイズパッケージが税別2000円。

「MX418」
「MX418」

 MX418は、有効100万画素の1/3.6型CMOSイメージセンサ。同一配線上に接続された複数のイメージセンサを同時露光して撮影したデータを、1つのMIPI入力ポートへ転送するインターフェースを搭載。複数のイメージセンサを機器に搭載しても、配線数を削減できるだけでなく、アプリケーションプロセッサのMIPI入力ポート数以上のイメージセンサを接続できる。

 低電圧で駆動することにより低消費電力化し、移動体向けのグローバルシャッター機能を実現。HMD、ドローン、自律走行ロボットにおいて、前後上下左右のカメラの取り付け位置に依存せず、機器の傾きで生じる撮影したい画像情報の欠落を最小にできる、縦横比1対1の画角を採用している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]