logo

ドコモが「レンディングプラットフォーム」を手がける狙い−−冬春モデルには“超小型”ケータイも - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新機種発表では“超小型”の「カードケータイ」が登場

 ドコモは同日、レンディングプラットフォームの発表と同時に、2018年冬〜2019年春に向けた新商品発表会も開催。すでに発表されているグーグルの「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を含めた11機種を発表した。吉澤氏は「顧客のニーズに合わせてバラエティに富む端末を提供することは、携帯電話事業者にとって大切なこと。年2回の新商品発表会を非常に楽しみにしている」と話し、他社が新端末の発表を縮小する中、端末発表会を重視する姿勢を明確にした。

2018〜2019年冬春の新機種発表も実施。会場にはテレビCMに出演している星野源さん、新田真剣佑さん、浜辺美波さんと、3体のキャラクターも現れた
2018〜2019年冬春の新機種発表も実施。会場にはテレビCMに出演している星野源さん、新田真剣佑さん、浜辺美波さんと、3体のキャラクターも現れた

 今回の端末発表で吉澤氏が重点を置いたポイントの1つは、月額1500円が値引きされる料金プラン「docomo with」。同プランは9月に300万契約を突破するなど、好調に契約数が伸びていることから、今回新たな対象機種として「AQUOS sense2 SH-01L」「Galaxy Feel2 SC-02L」「らくらくスマートフォン me F-01L」の3機種を投入することを明らかにした。

好調なdocomo withには新たに、「AQUOS sense」や「Galaxy Feel」の後継モデルなど3機種を新たに投入
好調なdocomo withには新たに、「AQUOS sense」や「Galaxy Feel」の後継モデルなど3機種を新たに投入

 そして、もう1つは2017年に発売した2画面スマートフォン「M」に続く、新しい利用スタイルを提案する2つのオリジナル端末だ。これらはいずれも「スマートフォンが大型化する一方で、もう少し軽くて小さい、シンプルな携帯電話が欲しいというニーズに応えた」(吉澤氏)もので、いずれも音声通話を重視した、非常にコンパクトなサイズが特徴となっている。

 1機種目は、ZTE製の「ワンナンバーフォン ON 01」。1つの電話番号をスマートフォンと共有する「ワンナンバーサービス」に対応した、スマートフォンの子機というべき端末だ。フィーチャーフォンのキー部分だけを取り出したようなデザインで、使い勝手もフィーチャーフォンを強く意識したものになっている。

「ワンナンバーフォン」は、スマートフォンと電話番号を共有する「ワンナンバーサービス」に対応し、スマートフォンが近くになくても電話やSMSができる
「ワンナンバーフォン」は、スマートフォンと電話番号を共有する「ワンナンバーサービス」に対応し、スマートフォンが近くになくても電話やSMSができる

 2機種目は、京セラ製の「カードケータイ KY-01L」。名刺入れに入るカード型の超小型フィーチャーフォンで、ディスプレイに電子ペーパーを採用し省電力を実現。それでいてVoLTEに対応し、ウェブも閲覧できるほか、Wi-Fiによるテザリングも利用可能であるなど豊富な機能も備える。吉澤氏によると、こちらの端末は「ビジネスとプライベートで別の番号を使える」ことが、ワンナンバーフォンとの大きな違いになるという。

名刺入れに入るサイズの「カードケータイ」。小さいながらもVoLTEに対応しており、なおかつ電子ペーパーの採用で省電力を実現している
名刺入れに入るサイズの「カードケータイ」。小さいながらもVoLTEに対応しており、なおかつ電子ペーパーの採用で省電力を実現している

 さらに吉澤氏は、通信速度の高速化についても言及。2019年春に発売予定の「Wi-Fi STATION HW-01L」を用いることで、東名阪の一部で受信時最大1288Mbps、送信時131.3Mbpsの通信速度を実現するとのこと。下りの最大速度が1Gbps超えを実現することで「5G時代が見えてきた」と吉澤氏は話し、今後も快適なネットワーク提供のためネットワークを強化するとしている。

受信時最大1288MbpsとなるWi-Fiルータも投入予定。5G時代に向け、現行のネットワークでも1GBを超える通信速度を実現できるようになった
受信時最大1288MbpsとなるWi-Fiルータも投入予定。5G時代に向け、現行のネットワークでも1GBを超える通信速度を実現できるようになった

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]