logo

カプコンと東宝、「モンスターハンター」をハリウッド映画化

佐藤和也 (編集部)2018年10月05日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンと東宝は10月5日、カプコンのゲームシリーズ「モンスターハンター」の世界観をもとにしたハリウッド映画の製作を発表した。

 映画はコンスタンティン・フィルムが制作。監督・脚本は、映画「バイオハザード」シリーズで知られるポールW.S.アンダーソン氏が務める。異なる世界出身の2人の主人公が、協力してモンスターと対峙する物語が描かれるという。日本での配給は東宝が担当する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]