logo

LINE、フードテイクアウト事業に参入--デリバリーに続き、2019年春に開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは10月3日、2017年7月に提供を開始したフードデリバリーサービス「LINE デリマ」に続き、新たにフードテイクアウトサービス「LINE テイクアウト」を2019年春に開始すると発表した。2020年内中に掲載店舗3万店を目指す。

 LINE テイクアウトは、ユーザーの現在地に応じて、近隣のレストランを検索・事前注文できるほか、スマホのおサイフサービス「LINE Pay」やクレジットカード決済を利用して、メッセージアプリ「LINE」上で注文から決済までを完結させられるサービス。限定のタイムセール情報など、お得な割引情報を受け取れるほか、注文するごとに「LINEポイント」を受け取ることができ、貯まったポイントは1ポイントを1円としてLINE Payで使用できる。

フードテイクアウトサービス「LINE テイクアウト」
フードテイクアウトサービス「LINE テイクアウト」

 また、同サービスに登録しているレストランやお惣菜店舗は、急な予約のキャンセルなどによって余剰商品が発生した場合に、LINE テイクアウトのタイムライン上でタイムリーにディスカウント情報を告知できるという。

 なお、フードデリバリーサービスのLINE デリマは、全国1万4000店舗のフードメニューをLINEを通じて検索・注文できるサービスで、会員数は650万人を突破、取扱高も昨年対比344%増と右肩上がりで増えているという。特に20代の女性ユーザーを中心に利用されているとのこと。

 同社によると、6月に大手ファーストフード店においてLINE デリマの公式アカウントを利用したテイクアウトクーポンの訴求をしたところ、通常のLINE デリマで使用できるクーポン訴求に比べ、コンバージョン率が上昇。LINEがテイクアウト訴求にも有効であると判断し、テイクアウト事業への参入を決めたという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]