logo

Facebookにサイバー攻撃--約5000万人の利用者に影響

Richard Nieva Alfred Ng Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月29日 07時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間9月28日、約5000万人の利用者に影響するサイバー攻撃を受けていたことを明らかにした

 攻撃に利用された脆弱性は、自分のプロフィールが他のユーザーにどのように見えるかを確認できる機能に存在した。攻撃者はこの機能のコードの脆弱性を突いて、利用者アカウントの乗っ取りを可能にする「アクセストークン」を盗み出していた。

 アクセストークンはパスワードそのものではないが、利用者がパスワードを再入力することなくアカウントにログインした状態を維持するのに使われる。同社は、安全のために合計9000万人分のアクセストークンをリセットしたと発表している。

 Facebookによると、同社は25日に攻撃に気づき、米連邦捜査局(FBI)やアイルランドのデータ保護当局に通報した。調査は初期段階にあり、攻撃の背後に誰がいるかはまだ分かっていないという。

 最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は報道陣との電話会見で、「これは本当に深刻なセキュリティ攻撃だ」と述べた。「これは、アカウントを乗っ取り、われわれのコミュニティーから情報を盗もうとする者たちからの絶え間ない攻撃があることを示している」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]