logo

VR活用医療ソリューションのVRHealthがOculusと連携、最新のヘルス/ウェルネスサービス発表

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年09月27日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)を利用した医療サービスを展開するVRHealthは米国時間9月26日、Oculusと提携し、「Oculus Go」などを使った新しいヘルスおよびウェルネスサービスを提供すると発表した。

 ユーザーは、VRHealthの健康促進アプリ(同社のサイトで購入可能)を利用し、首の運動や記憶力トレーニングなどを、各アプリの指示に従って実行できる。その際に、反応速度や動きの滑らかさなど、ユーザーのスコアに関するデータが収集される。ユーザーはVRHealthのサイトにある自分のポータルページにアクセスし、進捗度を確認したり、自分のスコアを同じ年齢層の他のユーザーと比較したりできるという。

 米国では、すでに30を超える病院や医療センターで、「Oculus Rift」をVR端末として使うVRHealthのプラットフォームが採用されている。VRHealthからは15種類近くのアプリがリリースされており、それぞれがゲームのようなシナリオや、リラックスできる映像を提供する。例えば、「Google Earth」を使って世界の名所をバーチャル旅行するといったアプリが挙げられる。これらのアプリは、化学療法のような苦痛を伴う治療や手当てで、患者の心理的負担を軽減する効果が期待される。

 VRHealthはOculusとの提携を通じて、家庭でも利用できるよう自社のプラットフォームを拡大している。個人ユーザー向けには、20セッション(月額5ドル:約600円)、50セッション(月額10ドル:約1100円)、セッション数無制限(月額19ドル:約2100円)の3種類のプランが用意されている。Oculus Go本体の価格は、32Gバイトが199ドル(日本公式サイトでの販売価格は2万3800円)、64Gバイトが249ドル(同2万9800円)だ。

提供:VRHealth
提供:VRHealth

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]