logo

ソフトバンク、「AI」研究する学生に給付型奨学金--最大で総額1億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは9月26日、AIの学修・研究に取り組む学生を対象とした、最大で総額1億円の給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」(奨学金名称:JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金)を、2019年4月から実施すると発表した。

 同プログラムは、ソフトバンクが公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)の「冠奨学金事業」に寄付した寄付金が給付されるもの。給付対象期間は、2019年4月〜2020年3月。募集人数は最大100人。給付金額は1人当たり100万円(8万円/月×12カ月、一時金4万円)。

 募集対象は、同社が指定する大学院に、2019年4月時点で修士課程1年生または、博士前期課程1年生として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AIに関する学修・研究に取り組む学生。

 対象の大学院を通して、JEESが2018年10月以降に順次応募を受け付ける。なお、書類提出の受付期間は各大学院によって異なるとしており、応募には2019年4月時点で在籍予定の各校の学長推薦が必要。選考方法は書類選考だが、必要に応じて面接も実施する。

 同プログラムは、AIがすべての産業でより幅広く活用され、各産業のビジネスモデルや競争環境が大きく変わっていく時代を見据えて、今後の各産業の発展を担う“AI人材”の育成に貢献することを目的としており、2020年以降の継続も検討しているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]