logo

アマゾン、「Alexa」搭載電子レンジ発表--ポップコーンを自動で再注文も

Ashlee Clark Thompson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月21日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月20日、音声コマンドに対応する独自ブランドのWi-Fi接続電子レンジの販売を開始することを発表した。「AmazonBasics Microwave」(59.99ドル:約6800円)は、Amazonのデジタルアシスタント「Alexa」に対応する。「Dash Replenishment」や「Auto Popcorn Replenishment」にも対応し、ポップコーンを自動的にAmazonで注文することができる。この電子レンジは、米国で20日から予約注文可能で、年内に出荷開始される予定だという。

 Amazon Devices担当シニアバイスプレジデントを務めるDave Limp氏は、AmazonがAlexa機能を電子レンジに追加することを決めた理由の1つは、そのユーザーインターフェースが「1970年代終わりから進化していない」ためだと述べた。Amazonはこの電子レンジに、新しい「Alexa Connect Kit」を装備した。Alexa Connect Kitは、Amazonが管理するクラウドサービスに接続する、Wi-Fi接続のスマートホーム製品を開発するための開発者向けツールキットだ。

AmazonBasics Microwave
提供:Tyler Lizenby/CNET

 この電子レンジをAlexaと連携させるには、その近くにAlexa搭載スピーカを置かなければならない。そうすれば、「Alexa、コーヒー1杯温めなおして」といった音声コマンドで、特定の操作に対する調理設定を自動的に開始することができる。タッチスクリーンの制御パネルには「Ask Alexa」ボタンも用意されており、ボタンを押せば、「Alexa」と先に言わなくても、調理時間を音声で指示することができる。

AmazonBasics Microwave
提供:Ry Crist/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]