logo

テレビもデノンサウンドに--高さ54mmのサウンドバーとワイヤレスサブウーファ

加納恵 (編集部)2018年09月11日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは9月11日、デノンブランドから、サウンドバーシステム「DHT-S316」を発表した。サウンドバーとワイヤレスサブウーファで構成する2.1chシステムになる。発売は10月上旬。税別価格は3万2800円になる。

「DHT-S316」
「DHT-S316」

  サウンドバーは、中音域と高音域にそれぞれ専用のドライバユニットを搭載した2ウェイ4スピーカー構成を採用。ワイヤレスサブウーファははあらかじめペアリングされているため、電源を入れるだけで 自動的に接続され、設定不要で使用が可能だ。

 ドルビーデジタル、DTS、AAC のサラウンド音声のデコードに対応し、バーチャルサラウンド技術を装備。視聴するコンテンツに合わせて「ムービーモード」、「ミュージックモード」を切り替えられる。夜間など音量を控えめにして視聴する際に最適な「ナイトモード」とニュースやナレーション、セリフなど、人の声を明瞭にする「ダイアログ・エンハンサー」機能も備える。

 テレビとはHDMIケーブルか光デジタルケーブルで接続でき、Blutoothにも対応する。サイズはサウンドバーが高さ54mm×幅900mm×奥行き83mmで、重量約1.8kg。サブウーファは高さ342mm×幅171mm×奥行き318mmで、重量約5.2kgになる。

リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]