logo

子ども向けゲームプラットフォームのRobloxが1億5000万ドル調達

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月06日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子どもやティーン向けオンラインエンターテインメントプラットフォームのRobloxは米国時間9月5日、シリーズFラウンドで1億5000万ドル(約167億円)の資金を調達したと発表した。企業価値が25億ドル(約2700億円)に拡大したとされている。

 子ども向けのオープンワールドゲームプラットフォームが高く評価されるのは、今回が初めてではない。Microsoftは2014年、人気の高い子供向けゲーム「Minecraft」の開発元であるMojangを25億ドルで買収している。

 Robloxは、ユーザーが独自のゲームを作ったり、ほかのユーザーの作ったゲームに参加したりできるプラットフォームだ。RobloxのアバターはLEGOのミニフィギュアに少し似ている。Robloxのウェブサイトによると、月間アクティブユーザー数は7000万人を超えており、ユーザーの毎月のエンゲージメント時間は約9億時間に達するという。

 今回の資金調達ラウンドを主導したのはGreylock PartnersTiger Globalで、Altos、Meritech、Index Venturesも参加した。Robloxの最高経営責任者(CEO)であるDavid Baszucki氏は今後の計画について、国際展開などさらなる成長への意欲を示した。

Roblox
提供:Roblox

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]