logo

ソニーの照明「マルチファンクションライト」がGoogle アシスタントに対応

加納恵 (編集部)2018年08月21日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは8月21日、人感・温度・湿度・照度のセンサ、マイク、スピーカなどを内蔵した照明器具マルチファンクションライトが、Amazon Alexaに続きGoogle アシスタントに対応すると発表した。対応開始は8月22日。

マルチファンクションライトは、専用のLEDシーリングライトと、コントロール機能などを持ったマルチファンクションユニットを組み合わせた照明器具
マルチファンクションライトは、専用のLEDシーリングライトと、コントロール機能などを持ったマルチファンクションユニットを組み合わせた照明器具

 Google HomeシリーズをはじめとするGoogle アシスタント搭載デバイスに、「OK Google、電気をつけて」などと話しかけるだけで、ハンズフリーで、照明とエアコンを操作できるようになる。既にマルチファンクションライトを使用している場合は、ユニットのソフトウェアアップデートにより利用できる。

 あわせて、今まで法人向けに提供していたオリオン製のマルチファンクションライト「LGTC-20」を、一般消費者向け販売することも発表した。

 ビックカメラ.com、ヨドバシ.com、ビックカメラ有楽町店、ヨドバシカメラ秋葉原店で販売を開始し、それ以外の店舗については順次展開していく予定。すでに一般販売を開始していた「LGTC-10」と合わせ、2モデルのラインアップになる。

マルチファンクションライト「LGTC-20セット(LGTC-20、LGTG-100)」
マルチファンクションライト「LGTC-20セット(LGTC-20、LGTG-100)」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]