logo

[ブックレビュー]気持ちが疲れた時読みたい1冊--「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンクチュアリ出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 176ページ / サンクチュアリ出版 / 著者:Jam / 監修:名越康文 / 発売日:2018/07/07 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×12.8cm×2.0cm / 重量:0.2kg
内容:Twitterに投稿された漫画から生まれた本書には、職場やSNSでの人間関係に疲れた人に送る温かい言葉があふれている。人は、周りの人のちょっとした一言や振る舞いに簡単に傷つくものだが、ちょっとした一言で、楽にもなれる生きものなのではないか。自分の思い込みを壊してくれる、ほんの少しの何気ない言葉で、首筋あたりの緊張が解けたりするものだ。
多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」
多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

 Twitterに投稿された漫画から生まれた本書には、職場やSNSでの人間関係に疲れた人に送る温かい言葉があふれている。人は、周りの人のちょっとした一言や振る舞いに簡単に傷つくものだが、ちょっとした一言で、楽にもなれる生きものなのではないか。自分の思い込みを壊してくれる、ほんの少しの何気ない言葉で、首筋あたりの緊張が解けたりするものだ。

 身体が疲れているときは、心も弱っているもので、その逆もまたしかり。そんな時に、くどくど言われると、「疲れてるんだから!」とイライラが増したり、急に泣き出してしまったり、不安定なことこの上ない。しかし、本書のようなおもしろい顔のゆるい漫画なら、素直に聞ける(読める)。難しいことは考えずに、4コマ漫画の部分だけを読んでもいいだろう。後日、改めて、文章も合わせて読むと、ストンと腑に落ちたり、「あー、あるある」と共感したりできることもある。

 巻末の監修者の解説も興味深い。客観的な立場から見たこの考え方には、「なるほど、そうかもしれない」と納得できる部分が大いにある。それはともかく、疲れた時に手に取って欲しい1冊。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]