サムスン、「Galaxy Tab S4」を発表--端末をPCに変える「Samsung DeX」をサポート

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月02日 12時37分

 サムスン電子が、2in1のAndroidタブレットシリーズにおける最新版となる「Galaxy Tab S4」を発表した。

 「Galaxy S8」「Galaxy S9」「Galaxy Note 8」スマートフォンをキーボードとモニタ、マウスに接続して「デスクトップ」に変身させる「Samsung DeX」がタブレットで利用可能になるのは、今回が初めてだ。

提供:Cho Mu-Hyun
提供:Cho Mu-Hyun

 Galaxy Tab S4ユーザーは本体を別売りの「Book Cover Keyboard」に接続、または「Quick Panel」からSamsung DeXを起動して、デスクトップ体験に切り替えることができる。サムスンによると、Samsung DeXを使えば、タブレット上のアプリ群(「Microsoft Office」スイートを含む)を複数のデスクトップ風ウィンドウで開き、必要に応じてサイズを変更できるという。

 HDMIとUSB-Cをつなぐアダプタを使ってSamsung Dexを外部モニタに接続すると、Tab S4は引き続きタブレットとして動作し、ユーザーは2つの画面を利用できる。マルチスクリーンは、Galaxy Tabユーザーが強く要望していた機能である。

 Galaxy Tab S4は、16時間の動画再生が可能な7300mAhのバッテリを内蔵する。サムスンのエンタープライズソリューションである「Samsung Knox」は、自社のビジネスニーズに合わせてインターフェースをカスタマイズできる機能をITマネージャーに提供する。

提供:Cho Mu-Hyun
提供:Cho Mu-Hyun

 ライブメッセージや画面オフメモの機能など、「Galaxy Note」シリーズの複数の機能もTab S4向けに調整されている。Noteシリーズ向けの鉛筆風の「S Pen」に比べると、TabのS Penは大きいが、Montblancのペンのような滑らかなデザインを備える。

 サムスンの関係者によると、より没入的な視覚体験を提供するため、10.5インチAMOLEDディスプレイの画面比が前機種「Galaxy Tab S3」の4対3から16対10に変更されたという。本体の4つのスピーカは、AKGがチューニングし、「Dolby Atmos」サウンドテクノロジに対応している。

 Tab S4は「SmartThings」アプリを搭載しているので、スマートホームデバイスを制御することもできる。さらに、本体をサムスンのほかのデバイスとペアリングして、ファイルやタスク、通知を共有/同期する「Samsung Flow」も搭載されている。「Daily Board」機能を通して、Tab S4をフォトアルバムやカレンダー、時計に変身させることも可能だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]