logo

「N高」、2019年4月に新キャンパスを開校へ--仙台、立川、京都に

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年07月24日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)は7月23日、2019年4月より通学コースに仙台キャンパス(宮城県)、立川キャンパス(東京都)、京都キャンパス(京都府)の3キャンパスを新たに開校すると発表した。

 定員は、仙台キャンパスと京都キャンパスが200名。立川キャンパスは250名。立地は、仙台駅(仙台キャンパス)、立川駅(立川キャンパス)、四条駅(京都キャンパス)の徒歩圏内を予定している。


 年間費用は、「Weekday Course(週5)」が75万6000円、「3 Days Course(週3)」が54万円、「1 Day Course(週1)」が32万4000円。入学資格は、中学卒業(見込)の人または、高校在籍経験者、高校転学希望者。

 同高では、高校卒業資格取得のための授業やレポート提出から各種専門分野の学習までをネットだけで完結できる「ネットコース」と、コーチングを取り入れた手厚い指導とアクティブラーニングやプロジェクト学習を特徴とした「通学コース」を開設している。

 通学コースは、2017年4月に東京の代々木と大阪の心斎橋の2キャンパスを開設しており、2018年4月には、東京の御茶ノ水、横浜、大宮、千葉、名古屋、福岡の6キャンパスを開校していた。来年度はより多くの入学者を見込むことから、新たに3都市にキャンパスを開校。2019年4月には、全国11都市に通学コースキャンパスが拡大することになる。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]