logo

P2P決済サービス「Venmo」、購入履歴をデフォルトで公開--SNSを想定

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月23日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気づいていないユーザーがいるかもしれないが、PayPal傘下のP2P決済サービス「Venmo」の取引履歴はデフォルトで公開されており、設定を変更しない限り、商品を購入すると人に知られてしまう可能性があるという。

 では、なぜVenmoはそのようなことをするのだろうか。Venmoにはソーシャルネットワークとしての側面があるためだ。

 Venmoは米国時間7月20日、米CNETの取材に対し次のように述べた。「われわれがこれをデフォルトにしているのは、ソーシャルの世界で友人たちと(情報を)共有するのは楽しいからだ。家族や友人がどうしているかを知るために人々がVenmoを開く(のをわれわれは見てきた)」

 FacebookやTwitterと異なり、Venmoにソーシャルネットワークとというイメージはないかもしれない。しかし、Venmoは取り引きを交流手段と見ている。それは、近況のアップデートやツイートに対する見方と同じだ。

Venmo
提供:Venmo

 Venmoは、多くのソーシャルプラットフォームがデフォルトでニュースフィードを公開するよう設定していると指摘した。

 当然ながら、そうした他のソーシャルプラットフォームは、必ずしもユーザーが購入したものを公開しているわけではない。この状況は、「@venmodrugs」というTwitterアカウントによって注目を浴びた。「@venmodrugs」は、ドラッグ、酒、セックスなどに関する決済を追跡して、それらをTwitterに投稿するボットだ。このボットの制作者であるJoel Guerra氏は、Venmoの設定を非公開に変更するよう人々に注意を促したかったのだという。

 Venmoは、非公開にするオプションはアプリ内で明確に示されているとしている。

 Venmoの担当者は、「(プライバシーの懸念)に対する当社の回答として、われわれは顧客に対し、取り引きごとに非公開と公開を選択できるオプションを右側に用意している」と述べた。

Venmo
提供:Venmo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]