logo

クリエイターに月額定額でお布施できる「pixivFANBOX」--累計還元額が1億円を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクシブは7月19日、同社が提供するクリエイターの創作活動を支えるファンコミュニティ「pixivFANBOX」において、クリエイターへの累計還元額が2018年7月に1億円を突破したと発表した。

キャプション
「pixivFANBOX」の概要

 pixivFANBOXは、創作活動するクリエイターに対し、ファンが継続的に支援できるファンコミュニティサービス。クリエイター自身が月額支援プランを100〜1万円まで自由に設定でき、決済手数料5%を除いたすべての支援金がクリエイターに還元されている(2018年末までサービス手数料無料)。支援者は、限定コンテンツの閲覧や最新情報を通じてクリエイターとより密なコミュニケーションが楽しめるという。

 2018年4月には誰でもクリエイターとして登録できるようになり、登録数は3万人を超えている。また、投稿されているコンテンツは、イラスト、漫画、小説、デザイン、音楽、コスプレ、ゲームなど創作にまつわるジャンルが多くを占めている。一方、ユニークなケースとして、エンジニアリングや農作に関する支援もあるという。

 なお、5%の手数料についてピクシブ広報担当は、「クリエイターのためにできる限り還元したい思いと、支援者には『自分の好きなクリエイターに支援したお金がそのまま届いている』と実感してもらいたく、決済手数料として必要な5%のみとしている。おかげさまで還元額が1億円を突破し嬉しく思う」と説明している。

キャプション
クリエイターからの声

 pixivFANBOXの要素として、月額制はファンクラブから、プラン支援額による特典の差別化はクラウドファンディングから着想を得ているという。クリエイターの収益モデルは、完成品の公開・販売によって得られるケースが一般的だが、クリエイターが創作活動のプロセスを公開し、ファンから直接支援を得られるようになれば、新たな収益化の手段を持つことができるとピクシブでは説明している。収益化モデルの変化によって、クリエイターは既存の商業活動によらない新たな収入源を得られ、新しい作品を生み出す力が得られる世界を目指しているという。

キャプション
創作活動における収益モデルの変化

 ピクシブでは、全支援者のプラン支援額について調査。全支援者におけるプラン支援額のうち、もっとも割合の多い支援額は500円で45%。支援額が1000円以上の支援者は全体の35%となり、3人に1人が支援していることになる。一方、支援金額の最も高い設定である1万円を選んでいる支援者は7%だったという。

キャプション
ユーザー調査を実施
キャプション
支援額の割合

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]