logo

ロールス・ロイス、「空飛ぶタクシー」開発に参入--電気推進システム発表

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2018年07月17日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 航空機エンジンを手掛けるRolls-Royce plcは、Aston Martinの新しい「空飛ぶタクシー」構想のパートナーを務めるのに加えて、自社でも同様のコンセプトを発表した。

提供:Rolls-Royce plc
提供:Rolls-Royce plc

 Rolls-Royce plcは英国のファーンボロー国際航空ショーで現地時間7月16日、EVTOL(電動垂直離着陸機)コンセプトをデジタル形式で発表した。これは基本的に同社の新しい推進システムを用いた空飛ぶタクシーで、電気推進システムに従来的な充電方法を組み合わせたものだ。

 約500kWの電力を出力するEVTOLは、6基のロータによって垂直および水平方向への推進を可能にする。Rolls-Royce plcの「M250」ガスタービンによって電力を得るため、空港にある従来の燃料インフラを利用して燃料補給できる。航行速度は最大で時速250マイル(約402km)に達する。

 乗員数は大人4〜5人を想定している。このコンセプトの主な目的は、新しい推進システムを披露することにある。BBCによると、Rolls-Royce plcはこのプロジェクトで機体と電気系統それぞれを担当する2社のパートナーを探している。

 Rolls-Royce plcは、「実現可能な商用モデル」が開発されれば、このEVTOLコンセプトを用いた航空機を2020年代の中ごろにも商用化できると見込んでいる。

提供:Rolls-Royce plc
提供:Rolls-Royce plc

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]