logo

ソニー、マルチファンクションライトが不動産仲介スターツグループに導入

加納恵 (編集部)2018年07月10日 14時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは7月10日、不動産仲介のスターツグループが「マルチファンクションライト LGTC-20セットモデル」の導入を決定したと発表した。賃貸物件に付加価値を付けて空室対策にも活用する。

マルチファンクションライト
マルチファンクションライト

 マルチファンクションライトは、人感・温度・湿度・照度のセンサ、マイク、スピーカなどを内蔵した照明器具。BtoB向けに販売するほか、5月から一般販売もスタートした。

 天井への備え付けのため、生活導線の中で機器を気にすることなく、照明、テレビ、エアコンの自動操作など快適なIoT生活を送れることがポイント。不動産オーナーにとっては、外出先からの照明オン、オフによる防犯や各種センサによる温度・湿度管理、エアコンの自動操作などが可能なスマートホーム物件として、空室対策も見込めるとしている。

 スターツグループは、管理会社スターツアメニティーを通して、賃貸物件オーナーや不動産管理会社に販売する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]