ピクセラとNetflix、4Kコンテンツ市場拡大目指し提携

加納恵 (編集部)2018年07月09日 14時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクセラは7月9日、4Kコンテンツ配信市場拡大を目指し、Netflixとプロモーションパートナーシップ契約を結んだと発表した。12月1日に発売する新4K8K衛星放送に対応した「4K Smart Tuner PIX-SMB400」のリモコンに、Netflix専用ボタンを配置する。

ピクセラとNetflixが戦略的プロモーションパートナーシップ契約
ピクセラとNetflixが戦略的プロモーションパートナーシップ契約
リモコンのNetflix専用ボタンで4K作品にワンクリックでアクセス
リモコンのNetflix専用ボタンで4K作品にワンクリックでアクセス

 新4K8K衛星放送は、12月に放送を開始するが、現在市場にはテレビ局が放送する4K映像番組などを受信できない4Kテレビが900万台程度あるとのこと。ピクセラではPIX-SMB400を発売し、それらのテレビを受信可能にする救済ソリューションを普及させていくとしている。

 今回の提携は、新4K衛星放送だけでなく、ストリーミングサービスを展開するNetflixの動画コンテンツを簡単に視聴可能にすることで4Kコンテンツの普及を拡大することが目的。Netflixでは、2000時間超の4Kコンテンツを配信しているほか、最新サラウンドフォーマットDolby Atmos対応のコンテンツも取りそろえる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]