logo

“投資を難しくしない”アプリ「FIGS」--国内外の情報を提供、投資時期なども予測

山川晶之 (編集部)2018年07月06日 20時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIGS Inc. Japanは7月5日、スマート投資アプリ「FIGS」を提供したと発表した。価格は月額1950円。

キャプション
(左から)FIGS INC PTE. LTD. COOのレイモンド・チャン氏、SBI証券代表取締役社長の高村正人氏、FIGS Inc. Japan CEOのユージン・オング氏

 このアプリは、ユーザー自身での投資判断をサポートするアプリ。投資家が投資するプロセスを「分析」「学ぶ」「集める」の3段階に分割。それぞれに適したツールとして、国内外2300のアナリストの実績をスコアリング化した「FIGSアナリストスコア」、適切な投資時期を提供する「FIGSセンチメントスコア」、投資すべき業界やテーマを教える「FIGSリターントラッカー」を提供。日本語の情報が少ないグローバルでの投資情報をわかりやすく知ることができるという。

キャプション
「分析」「学ぶ」「集める」に適したツールを提供

 FIGSアナリストスコアでは、世界7つの市場で過去15年間のデータを収集。実際の株価とアナリストの予測した株価を比較し、各アナリストの精度を計算しスコアリングする。これにより、どのアナリストの情報を信用するかの基準になるとしている。また、FIGSセンチメントスコアでは、市場の熱量を掴むために、現在の市場と同じ動きをしていた過去の変動パターンを検出。FIGSが独自開発したアルゴリズムで、世界5つの株式市場を把握できるという。

 FIGSリターントラッカーでは、同社が用意した14の業界と19の投資テーマを中心に今後のパフォーマンスを予測するもの。日本、米国、香港、タイ、台湾、インドネシア、シンガポールの7カ国のマーケットを対象に、アナリストの1年間の株価目標平均値と、現在の株価を収集し、その差を計算して潜在的なリターンを算出する。FIGSでは、この機能以外にもインフォグラフィクス、ビデオ、レポートなどの機能も提供するという。

キャプション

 同社CEOのユージン・オング氏は、友人から投資についてアドバイスを尋ねられるなかで、「そもそも、どうやって投資を始めたらよいのかわからない」という声を多く耳にしたという。また、グローバルの情報を日本語で入手できないなどの課題も浮かんできたこと、国内でも投資に興味のあるユーザーが増えてきたことなどを背景に、「投資を始めることだけでなく、投資プロセスもお手伝いしたい」という思いから、FIGSの立ち上げを決定したという。

 また、FIGSでは、国内パートナーとしてSBI証券と提携。同社代表取締役社長の高村正人氏は、「2年前から合弁でテストを開始した。われわれのユーザーにとって待望のサービスになり得るのではないか」としたほか、「SBI証券の日本株のストックボリュームは7兆3000億円なのに対し、外国株は9カ国あわせて4000億円しかない。この格差の要因として、整理されたスマートな情報が個人投資家にはなかった」と説明。FIGSによって、436万人の既存ユーザーだけでなく、新たな個人投資家層を生むとしている。

 同社では、日本市場を最初のローンチ場所としており、米国、中華圏への展開も予定している。ターゲットは1000万以上の口座数があると言われる国内のデジタルトレードユーザーで、1年目は全体の2%(20万人)にリーチしたいとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]