logo

出荷されたW杯占いタコの「ラビオ君」、その運命に世界も動揺

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月04日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会での日本戦の勝敗を当てた北海道のミズダコ、ラビオ君が、ベルギー戦に先んじて、「内臓を取ってキレイにされ、市場に出荷された」と知り、多くの人が動揺を隠せずにいる。

 白猫のアキレス君など、ワールドカップの結果を予言して話題になった動物はたくさんいる。およそ10年前にワールドカップの勝敗予想を的中させて話題になったもう一匹のタコ、パウル君は後に住まいとしていた水族館で死亡が確認されたが、食用に転じられることはなかった。

 ラビオ君が自らの将来を予想していたかは分からないが、日本がベルギー戦で2点先取したにも関わらず逆転負けしたのはラビオ君に対する行いの報いであったと言われても、筆者は驚かない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]