logo

ピカピカのロッカールームにお礼メモ--W杯敗退後のサムライブルーに世界が感銘

Gael Fashingbauer Cooper (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月04日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で7月3日、日本代表が敗れた。しかし、ベルギー戦での涙の敗退の後でさえ、塵1つ残さずにロッカールームを清掃し、ホスト国のロシアに謝意を伝えるメッセージを残した日本代表チームに賛辞が贈られている。

 スポーツ記者のTancredi Palmeri氏が、日本代表が去った後の塵1つ落ちていないロッカールームと、そこに残された「ありがとう」という一言のメモをツイートで紹介したところ、膨大な数の「いいね」やリツイートを獲得した。Palmeri氏によれば、写真はFIFAの代表者によってアップロードされたものだという。

 Palmeri氏はツイートで「日本には驚いた」と「ベルギー戦で敗退した後、彼らはこうしてロッカールームを去った。すべてをきれいにして。そして、真ん中に『Spasibo』(ありがとう)とロシアへのメッセージを残している」と述べている。

 日本のファンたちも敗退後の心を痛めているときでさえ、試合後のスタジアムに残り掃除していたことが称賛された。

 Twitterではチームとファンの態度に賛辞の声が上がっている。

 あるTwitterユーザーは「素敵過ぎる!彼らが掃除したという事実だけではなく、失望に直面したばかりだというのに、自分たちの価値観を忘れなかったことが素晴らしい。自分も最悪の瞬間を迎えたときに価値観を見失わずにいられるか、自問せずにはいられない」

 もう1人のユーザーは日本を「驚くべきチーム」と呼び、大会に「新鮮な空気の息吹」を呼び込んだと褒めたたえた。

 チュニジアやセネガルなど、ワールドカップの試合後にファンがスタジアムを清掃したとされるチームは他にもあった。特にセネガルと日本が6月25日に対戦し、2-2の引き分けに終わった後、両チームのファンがせっせとスタジアムを清掃する様子は注目された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]