logo

ミシガン大、米粒が巨大に見える世界最小「コンピュータ」開発--サイズ0.04立方mm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミシガン大学の研究チームは、大きさが0.3mm角ほど、体積換算で0.04立方mmという超小型コンピュータ「Michigan Micro Mote(M3)」を開発した。ただし、電力供給を絶つと内蔵メモリからプログラムとデータが消去されてしまうため、M3を「コンピュータ」に分類可能かどうかの見解は分かれるという。

M3(右下)の上にある白い物体は、なんと米粒(出典:ミシガン大学)
M3(右下)の上にある白い物体は、なんと米粒(出典:ミシガン大学)

 M3には、プロセッサとRAMのほか、光センサを搭載し、データを無線通信する。無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothなどの電波通信に必要なアンテナの搭載が不可能なので、通信は可視光で実行。バッテリは搭載してない。

 ベースステーションから送られるプログラムやデータは可視光通信で受信し、データ送信も光通信で対応する。動作に必要な電力も、光エネルギーから得る。

 M3は多種多様な分野で活用可能だが、一例として、研究チームはガン研究への応用を挙げた。がん化した組織は正常な組織より温度が高い、という報告があるものの、現時点では信頼性の高いデータが十分得られていないそうだ。M3なら、細胞が集まった程度の微細な領域でも、約セ氏0.1度の精度で温度を測ってデータ送信できるため、研究や治療に利用可能と見込む。

 なお、M3の開発には、三重富士通セミコンダクターとFujitsu Electronics Americaが協力した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]