logo

アウディとヒュンダイ、燃料電池の開発で特許クロスライセンス契約--量産化を急ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーAudiと韓国の自動車メーカーHyundai(現代自動車)は、燃料電池(FC)の技術開発で協力すると発表した。電気自動車(EV)向けFCの量産を早期に実現させることが目的。

Audiの燃料電池システム(出典:Audi、Hyundai)
Audiの燃料電池システム(出典:Audi、Hyundai)

 FC技術の開発を加速させる方策として、両社は特許クロスライセンス契約を締結。また、競合しないFC用コンポーネントの領域でも、情報に対するアクセス権を相互に付与する。

 両社によると、FCベースの電気自動車(FCEV)は燃料である水素を1回充填すると長距離走行することが可能で、燃料の充填頻度を下げられる。しかも、バッテリへの充電に時間のかかるEVやプラグインハイブリッド車(PHV)と違い、水素の充填は短時間で済むため、EVのエネルギー源に適しているという。また、特に大きな自動車の場合、電力をすべてバッテリで賄うようなEVに比べ、重量の面で有利だそうだ。

 さらに、両社は持続可能なFCの技術開発分野で、より広範に協力する方向で検討を進める。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]