logo

ゲーム依存は疾病--WHOが「ゲーム障害」を認定

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月19日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害(gaming disorder)」を現代病のリストに追加した。

 ゲーム障害は、WHOの国際疾病分類の最新改訂版で「依存的な行動に起因する障害」の項目に分類されており、オンラインとオフラインの両方を含んでいる。

 WHOは3月、ゲームプレイに関する懸念を以下のように説明していた

 ゲームプレイに関連する健康上の懸念はゲーム障害だけにとどまらず、健康のほかの側面(例えば、運動不足、不健康な食生活、視力や聴力の問題、筋骨格の問題、睡眠不足、攻撃的な行動、うつ病など)や心理社会的機能も含む。

 調査によると、ゲーム障害を患うのは、デジタルゲームやビデオゲームをプレイする人々のごく一部だという。しかし、ゲームをプレイする人はプレイ時間(特に、ほかの日常的な活動を行わずにプレイする場合)、そして、自分のゲームプレイの傾向に起因する可能性のある肉体的健康、精神的健康、社会的機能の変化に気をつけるべきだ。

E3 2018の様子
E3 2018の様子
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]