logo

VAIOのノートPC、1.9GHz帯LTE(sXGP)に対応--「VAIO S13」「VAIO Pro PG」で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは6月18日、ノートPC「VAIO S13」と「VAIO Pro PG」で搭載しているLTEモジュールで、周波数免許不要で使用できる1.9GHz帯LTE(sXGP)に対応すると発表した。電波法と電気通信事業法が定める認定を取得したことによるもの。

キャプション

 同通信方式は、2017年10月1日に効力を発した電波法改正より、総務省が周波数免許不要でLTEを使用できる周波数を解放した。

 2017年9月発売モデルのノートPCに幅広い周波数帯に対応するLTEモジュールを選定しており、今回の認定につながったという。認定においては、モジュールメーカーであるTelit Wireless Solutionが協力している。

 同通信方式をWi-Fiの代替として無線ネットワーク構築に利用することで、LTE技術によるセキュアで高品質な通信、カバーエリアの広い基地局を生かした低コストな広域ネットワークが実現できる。

 なお、VAIO S11、VAIO Pro PFにも同通信方式に対応した同モジュールを搭載しており、認定取得に向けて検討を進めるという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]