logo
Kickstarter

カメラをスムーズに動かすドリー撮影が手軽に--ポケットに入る小型ドリー「MUWI」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 被写体に対してカメラを動かしながら撮影する手法があるのだが、手持ちだとカメラが揺れて映像が安定しない。そのため、本格的な撮影現場では、カメラを載せるドリーと呼ばれる一種の台車を使う。

 そんなドリーで可能となるスムーズな映像表現を、スマートフォンやコンパクトカメラでも手軽に楽しみたいものだ。そこで、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の、コンパクトなドリー「MUWI」を紹介しよう。

手軽に使える小型ドリー(出典:Kickstarter)
手軽に使える小型ドリー(出典:Kickstarter)

 MUWIは、折り畳むと60×110×25mmとコンパクトになり、重さも100gしかなく、ポケットに入れて持ち歩けるほど小さなドリー。クリップでスマートフォンを固定できるほか、追加アクセサリ「SWIVEL CLIP」を使えば本格的なカメラも取り付けられる。耐荷重は5kgあり、かなり重量のある一眼レフカメラも搭載可能だ。

折り畳み式でポケットに入るほどコンパクト(出典:Kickstarter)
折り畳み式でポケットに入るほどコンパクト(出典:Kickstarter)
スマートフォンからアクションカメラ、コンパクトカメラ、ミラーレス一眼、一眼レフ、ビデオカメラまで(出典:Kickstarter)
スマートフォンからアクションカメラ、コンパクトカメラ、ミラーレス一眼、一眼レフ、ビデオカメラまで(出典:Kickstarter)

 4つある引き出し式の車輪により、カメラがスムーズに動く。車輪の角度は調整できて、直線的に動かすだけでなく、曲線にも沿わせられる。

最小回転半径は100mm(出典:Kickstarter)
最小回転半径は100mm(出典:Kickstarter)

 オプションのモーターモジュール「FLOW」と組み合わせれば、MUWIを設定した速度で自動的に動かせる。対応速度は、秒速0.1mmから50mm。モーターモジュールには、速度調整と移動方向などを遠隔操作できる、リモコン付きモデル「FLOW X」も用意されている。

各種アクセサリを用意(出典:Kickstarter)
各種アクセサリを用意(出典:Kickstarter)

 また、より安定した直線移動をしたい場合は、スライダーモジュール「TRACK」を使うとよいだろう。MUWIを置く場所が確保できない状況でも、安定したドリー撮影が可能になる。また、MUWI単体では難しい、水平以外への移動も容易に実行できる。TRACK上での移動可能距離は、MUWIだけを使う場合は260mm、FLOWまたはFLOW XとMUWIを使う場合は200mm。

TRACKで水平以外への移動も(出典:Kickstarter)
TRACKで水平以外への移動も(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月4日まで。記事執筆時点(日本時間6月6日12時)でキャンペーン期間は27日残っているが、すでに目標金額3万5000ドル(約385万円)を上回る約4万9000ドル(約538万円)の資金を集めている。

MUWIの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]