logo

Astell&Kern、8チャンネルDAC搭載など新オーディオプレーヤー

加納恵 (編集部)2018年06月01日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アユートは、Astell&Kern (アステルアンドケルン)ブランドのポータブルオーディオプレーヤー「A&futura(エーアンドフューチュラ) SE100」(直販税込価格:21万9980円)と「A&norma(エーアンドノーマ) SR15」(同:9万9980円)を発表した。

ポータブルオーディオプレーヤー「A&futura(エーアンドフューチュラ) SE100」(直販税込価格:21万9980円)と「A&norma(エーアンドノーマ) SR15」(同:9万9980円)
ポータブルオーディオプレーヤー「A&futura(エーアンドフューチュラ) SE100」(直販税込価格:21万9980円)と「A&norma(エーアンドノーマ) SR15」(同:9万9980円)

 Astell&Kernでは、2017年にフラッグシップの「A&ultima SP1000」を発売。今回発表したA&futura SE100をプレミアム、A&norma SR15をスタンダードに位置づけ、新たなプロダクトラインとして提供する。

 上位機から順に、旭化成エレクトロニクス(AKM)「AK4497EQ」、ESS Technology「ES9038PRO」、シーラスロジック「CS43198」と、異なるDACを使うことで、各モデルに最適な製品開発を推進しているという。

 A&futura SE100は、8チャンネルDACチップをポータブルオーディオとして初めて搭載。バランス出力時4.1VrmsでS/N比123dBという、高出力化と高S/Nを両立し、アンバランス再生時においても122dBという高いS/N比を可能にした。

 サイズは、高さ132mm×幅75.8mm×奥行15.3mmで、重量約241g。5.0型TFTカラーLCDのタッチスクリーンを備える。128Gバイトのメモリを内蔵するほか、microSDカードスロットを1つ搭載する。

「A&futura SE100」
「A&futura SE100」

 A&norma SR15は、DACをL、R独立して1基ずつ搭載したデュアルDACモデルだ。「Quad-Core CPU」を備え、ストレスのない操作を実現。PCM 192kHz/24bitとDSD64(2.8MHz/1bit)のネイティブ再生に対応する。

 高さ99.7mm×幅57.5mm×奥行16.1mmで、重量約154g。タッチ式の3.3型TFTカラーLCDを搭載する。本体には64Gバイトのメモリを内蔵し、microSDカードスロットを1つ備える。

「A&norma SR15」
「A&norma SR15」
ユーザーインターフェイス
ユーザーインターフェイス

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]