logo

ロシア語のスマートスピーカ「Yandex.Station」--音声アシスタント「Alice」搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアの大手ネット企業Yandexは、昨秋より提供してきたロシア語音声アシスタント機能「Alice」に対応するスマートスピーカ「Yandex.Station」を発表した。価格は9900ルーブル(約1万7000円)で、今夏発売する。

ロシア語音声アシスタントのAliceを搭載するスマートスピーカ(出典:Yandex)
ロシア語音声アシスタントのAliceを搭載するスマートスピーカ(出典:Yandex)

 Aliceは、ロシア語による対話が可能な音声アシスタント。2017年の秋に、まずYandexのモバイル用検索およびブラウズアプリで提供開始し、その後PC用ブラウザ「Yandex Browser」や自動車用ナビゲーションアプリ「Yandex.Navigator」へと、利用可能な環境を段階的に増やした。現時点でAliceの総利用回数は、1日当たり数千万回に上るという。今後、コネクテッドカー用プラットフォーム「Yandex.Auto」にも対応させる予定。

 Yandex.Stationは、Aliceを搭載したスマートスピーカで、「Amazon Echo」「Google Home」、Appleの「HomePod」と同様のデバイス。Yandex初のハードウェア製品というだけでなく、ロシア市場初のスマートスピーカだそうだ。

 既存環境で作動するAliceと同じく、音声コマンドで検索や各種タスクが実行可能。さらに、HDMI出力ポートを備えており、テレビに接続して映画やテレビ番組を楽しめる。Yandexのビデオストリーミングサービス「KinoPoisk」のほか、iviやAmediatekaといった現地ビデオサービス業者のサービスが利用できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]