logo

築46年の団地を未来の住まいに--ROSETTAがスマート家電と家具付きリノベーション

加納恵 (編集部)2018年05月28日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ROSETTAは、リノベーションの新ブランド「bento(ベントー)」を立ち上げ、「bento bianco 立川」のモデルルームをオープンした。築古物件をリノベーションし、スマート家電と家具付きで販売する予定だ。家具家電全て含み、参考価格は3480万円としている。

リノベーション前
リノベーション前
リノベーション後
リノベーション後

 bento bianco 立川は、東京都立川市にある築46年の団地の一室をリノベーションしたもの。携帯GPS連動で照明が自動に点灯するほか、遠隔操作可能なエアコン、自動湿度調整などを備えたほか、スマートロック、スマートスピーカ、ロボット掃除機、衣類自動折り畳みロボット「ランドロイド」などを標準装備する。

 バスルームには、太陽光を完全再現した人工天窓を付け、ペットのご飯や水、トイレの掃除も自動で提供、清掃するなど、未来の暮らしをサポートする。

 専有面積は46.27平方メートルで、間取りは1LDK。室内のデザインだけでなく、IoT機器の「選定」「仕入れ」「導入」までを一元管理することで、「技術と生活動線をシームレスに組み合わせた本当に実用的な住空間」が実現するとしている。

衣類自動折り畳みロボット「ランドロイド」などを標準装備
衣類自動折り畳みロボット「ランドロイド」などを標準装備
バスルームには、太陽光を完全再現した人工天窓
バスルームには、太陽光を完全再現した人工天窓

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]