logo

Uber、淡路島で国内初のタクシー配車の実証実験へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは5月22日、兵庫県淡路島において、タクシー会社と兵庫県淡路県民局との三者による、日本初となる実証実験の契約を締結したと発表した。

淡路島での uberTAXI 配車イメージ
淡路島での uberTAXI 配車イメージ

 利用対象者は、国内外からの観光客を含む来島者全般および、淡路地域住民を含むすべて。配車区域は、原則として淡路島内での乗降車(島内から乗車し島外での降車は可)。実証実験期間は、今夏〜2019年3月31日。タクシー事業者は淡路島内タクシー事業者から公募する。

 同社のスマートフォン向け配車アプリは、世界600以上の都市で約50の言語で利用されている。実証実験で外国人などの利用者は、淡路島で自分の母国語で目的地を指定し、地元のタクシーを配車できるようになる。これにより、言葉に不慣れな旅行者や土地勘のない来島者が島内をより簡単に移動する、新たな手段となるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]