logo

クラスターとマクアケ、クラウドファンディングでVTuber3Dモデル化をサポート

佐藤和也 (編集部)2018年05月22日 16時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バーチャルイベントプラットフォーム「cluster.」を運営するクラスターとクラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは5月22日、2Dモデルを使って活動しているバーチャルYouTuberの3Dモデル化を、クラウドファンディングを通じてサポートするプロジェクト「サンジゲンカProject」を発表した。

 バーチャルYouTuberとして活動しているYouTubeチャンネルが2000件を超えたとされるなか、VRの技術進歩やデバイス普及にともなって「会いにいけるバーチャルYouTuber」のニーズが高まることが予想されるという。一方、2Dで活動するクリエーターが大半であり、資金面や技術的ハードルで3D化を断念しているクリエーターも存在することを背景に、クラウドファンディングおよび3Dモデル化をサポートするプロジェクトを発足させたとしている。

 マクアケが3D化のファンディング企画全体をサポート。クラスターが当該モデルの用途に応じた3Dモデルの制作や監修、モーションキャプチャーなどのVR配信のサポートを行うとしている。

3Dモデル化イメージ
3Dモデル化イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]